高齢化社会という言葉が定着するようになりましたが、緊迫感に関してはあまりないように感じます。
しかし、介護ヘルパーの仕事をしている人は年々増加傾向にあります。
それは、介護を受ける人が増えているという事なのです。

このように、高齢化社会となるまでは介護ヘルパーという仕事は、あまり注目されていませんでした。
介護ヘルパーという言葉ではなく、福祉関係の人という感覚が多くの人にあったのではないでしょうか?

スポンサードリンク

ホームヘルパーと介護ヘルパー資格

介護ヘルパーという仕事内容はどのようなものなのでしょうか?

ヘルパーと聞くと、ホームヘルパーなどの仕事もあります。
ホームヘルパーと介護ヘルパーの違いというのは、いったいどのようなところなのでしょう。

介護ヘルパーの場合、身体の介護を中心に行う仕事内容となっています。
ホームヘルパーの場合、身体介護や生活援助を行う仕事内容となっています。

ホームヘルパーの仕事をするには、ホームヘルパー2級という資格が必要となります。
勤務する場所は、施設や病院となっており生活援助を自宅に訪問して行います。

訪問看護を行う為には、1級〜3級の資格は必ず取得しなくてはいけません。
数年前までは、資格取得するには講義と実習を受けるだけでよかったのですが、徐々に厳しくなりそう簡単にはいかなくなりました。

そして、今では国家資格になるとまで言われている資格でもあるのです。

ホームヘルパーの3級などの資格を取得し、実際に働きながら1級の資格を目指している人も多いようです。
ホームヘルパーの上の資格が介護ヘルパーとなるので、介護ヘルパーを目指している人が多いようです。

ただし、介護ヘルパーを取得するには2年生以上の養成施設を卒業するか、実務が3年以上なければいけないと決められています。
介護ヘルパーの仕事を行うには、それだけの技術と資格が必要という事なのです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

介護ヘルパー資格:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://f.16f9.com/kaigo/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。